Loading...
ブログに戻る

ミラー (反射膜)

ミラー (反射膜)は波長帯域や入射角にあわせた最適な設計により、反射率を大幅に高めることができます。また、適切な加工条件により、対レーザ用ミラー、コート後面精度保証ミラーの製作も可能です。

誘電体多層膜

θ45° λ=1000 – 1150nm R≧99.5% (平均)

 

誘電体多層膜

θ45° λ=1550nm R≧99.0% (平均)

 

誘電体多層膜

θ27° λ=910+1700nm R≧97.0% (平均)

 

AL増反射(650nm)

θ45° λ=650nm R≧95.0% (平均)

 

Au増反射

θ45° λ=1500 – 2500nm R≧96.0% (平均)

 

面精度保証ミラー

誘電体多層膜コート後面精度:λ/14
合成石英平面板:96 × 124 × 15T (mm)
仕様波長:315 – 355nm

 

サイズ φ0.7 – 300mm
波長 λ=248 – 2500nm
材質 一般光学ガラス、結晶体

 

ご相談専用ダイヤル 0265-22-2434  平日9:00〜17:00(営業部直通)
ご相談・お問合せ窓口